HOME | 催眠術スクール セミナー 講座 教室 | 和の自己催眠法 催眠術|内観法 軟酥(なんそ)の法

 
催眠術カフェ&催眠術スクール 日本催眠学アカデミー 催眠術師 宇田川和彦

日本催眠学アカデミー 催眠術師 宇田川和彦

和の催眠術 自己催眠法|内観の秘法 軟酥の法

 

日本に伝わる催眠術、自己催眠のルーツをマスターする

白隠禅師の江戸時代の自己催眠法

自律神経を整える健康法催眠術

和の催眠術 自己催眠
 
 
 江戸時代から伝わる日本の催眠術の書物は何冊も出版されていますが実際に催眠術師が指導しています。
姿勢や丹田呼吸法と現代の催眠の技術を取り入れて誘導していきます。
仕組みや効果を実際に体験出来るようにプログラムしています。
日本に現代の古典催眠が入ってきたのは明治維新の頃です。それまでにも修験道の呪術や陰陽師の傀儡などもありました。ここで扱うのは日本の催眠術の歴史と内観の秘法、軟酥の法です。
 

和の催眠術|放下着で無心になる

仰臥位

いわゆる仰向けのことですが、和の催眠に入りやすいような姿勢です。
 

丹田呼吸

丹田呼吸のやり方とコツ
 

 

 放下着(ほうげちゃく)とは?

瞑想催眠状態です。普段のストレスや自分らしくないものを全て吐く息と共に手放して空の状態を作ります。
 

数息観

丹田呼吸をしながら数を数えていきます。
催眠術では普通カウントダウンが使われますが和の催眠術ではカウントアップです。
 

内観の秘法

リラックスしていきながら深い催眠状態を体験していきます。
自分自身の内側に意識を持っていきます。雑念や払って無の境地に入っていきます。
そのまま空の状態でも良いですし悟りを感じても構いません。
 

和の催眠術|イメージ法

本来は健康法的な使い方のみですが、現代の催眠や瞑想、アファメーションなどと組み合わせてイメージ法を使って自在の人生を創造する事も出来ます。
 

和の自己催眠

志を実現した自分、成功した自分、万物に命を見て活かし合う自分など作りたい自分をイメージ法で創造していきます。和のイメージを使うのが一番日本人にあっていると思います。

日本人としての誇りを取り戻す
歴史上の人物や戦国時代に戻って武将と対話する
西洋の文化を1つづつ外して和の世界を体験する
など自由に内観とイメージを使って自在の魂を創ります。
 
 

和の催眠術は自律訓練法?(和の自己催眠)

和の催眠術 寝禅の様子

和の自己催眠法 寝禅のイメージ

白隠禅師の内観法は白霊という仙人に教わったものですが世界的に有名なのがドイツのシュルツ博士が創始した自律訓練法はあまりにも有名です。

シュルツ博士が推奨した自律訓練法(autogenic training)が1930年代なので白隠禅師が仙人白霊子に内観法、軟酥の法を教わったのは1710年頃なので和の自己催眠の方が歴史は古いと言える。

和の催眠術|軟酥の法

軟酥の法とは?

軟酥の法とは江戸時代より伝わるイメージ療法です。
白隠禅師はこの方法を何回も根気よく行えば、どんな病気でも治せないものはない。そして立派な徳を積むことができる。どんな事業をやっても必ず成功する。と当時の書物に書いています。

体内の毒素や病原菌、老廃物、未病の状態の病気の原因となるものなどをイメージの力で排出する療法です。
 

軟酥とは?

現代のバターのことのようですが甘い香りがするって書いてますのでメイプルバターみたいなイメージを想像しています。バターを甘い香りと表現しているだけかもしれません。
 
卵大の大きさの軟酥を額に乗せて(本当には乗せないでくださいねw)軟酥が溶け出して身体を流れていき、病の原因を絡めとって流れて大外に排出していくイメージ療法です。
邪念や自分らしくないものも一緒に排出していきます。
 
まさにわたしの催眠術を解く催眠術師の原点のような催眠法です。

和の自己催眠法の受講

 

和の自己催眠法受講内容

和の催眠術 イメージ画像

和の自己催眠とは?
催眠の基本
催眠導入法
内観法
軟酥の法
分割弛緩法
自律訓練法
自己催眠の練習法
自己催眠解除法
など
 
2日間×4時間(マンツーマン指導)
料金 220,000円
(オンライン受講可)
無期限メールサポートつき

 お問い合わせ
メールcoolsphoto@yahoo.co.jp